アレグラはみんなの味方

アレグラはみんなの味方

アレグラとは花粉症の治療薬としてよく使われているお薬です。しかし、それ以外にも効果を発揮する実に優秀な子です。そのアレグラがじわじわと私の周りでもモテ始めている理由について詳しくご紹介したいと思います。

アレグラが花粉症以外にも使える?

アレグラは花粉症の症状を改善する薬として広く知られています。アレグラの有効成分はフェキソフェナジンというものです。フェキソフェナジンは抗ヒスタミン剤に分類される抗アレルギー薬です。花粉症では花粉の体内への侵入によって、肥満細胞が活性化し、肥満細胞からヒスタミンなどのケミカルメディエーターが遊離され、体内のヒスタミン受容体に作用することで症状が起こります。抗ヒスタミン剤はヒスタミン受容体をブロックすることによってヒスタミンが作用しないようにして、花粉症の症状を改善します。抗ヒスタミン剤は昔から多くの種類の薬剤が開発され治療に応用されてきましたが、眠気が出ることが欠点でした。これは脳内のヒスタミン受容体をブロックすることによって眠気が起こってしまうためです。しかしアレグラの有効成分フェキソフェナジンは脳内のヒスタミン受容体には作用しないため、眠気の副作用が起こりにくいと言われています。こういったメリットから日本で最も広く使用される抗アレルギー薬になったのです。またアレグラは花粉症以外のアレルギー疾患にも応用できます。例えばアトピー性皮膚炎の場合には、皮膚の組織内でヒスタミンがヒスタミン受容体に結合することで痒みを引き起こすため、アレグラを使用するとこの痒みを軽減することができます。じんましんにも同様にヒスタミンが関与しているため、食物アレルギーにも応用ができます。またアトピー咳嗽などアレルギー性の咳にも有効となる場合があります。このようにさまざまな用途にアレグラは応用することができるのです。前述の通り眠気が起こりにくいため、誰でも安心して使用できる薬剤となっていますので、ぜひアレルギー性疾患にはアレグラを使用してみましょう。

アレグラの副作用「悪夢」とは

花粉症は多くの人が悩まされている症状です。その鼻水や目のかゆみなどの症状は辛いものです。これを受けて、花粉症用のマスクや衣類、サプリメント、お茶、さらにアロマグッズなど、本当に色々なものが登場しました。けれど、本筋は抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などの花粉症用の薬でしょう。なお、この薬はクリニックで処方してもらえます。また、ドラッグストアで購入することもできます。こう言った花粉症用の薬について、くわしく説明します。先ずこの薬は第一世代と、症状を予防する第二世代に分かれています。クリニックで処方されている薬のほとんどは第二世代です。予防のために第二世代を希望する人が多いのです。この第二世代にアレグラという薬があります。アレグラを呑んだら副作用で悪夢を見たという話を聞いたことがあるでしょうか。また、その説明書の副作用の欄に、主な副作用として頭痛、腹痛、胃腸炎、発疹などが書かれています。そして、他に悪夢と書かれていることをご存知でしょうか。 知ってる人は、悪夢が副作用なんて、とビックリしたでしょう。確率はかなり低いですが、悪夢を見た人は本当にいるのです。アレグラには、神経を過敏にしたり、睡眠障害を起こしたりする副作用がごくまれにあるそうです。神経が過敏になっていて、なかなか眠れなければ悪夢を見ることもあるでしょう。なお、大人はアレグラ60ミリグラムを1日2回服用します。小児は半分の30ミリグラムを1日2回服用します。症状によって量は増減されます。誤って多く呑み続けていた場合などは、必ず医師か薬剤師に相談してください。ちゃんと相談して、悪夢を見たなどの副作用が起こらないように対策しましょう。

アレグラは通販でも買えるの?

アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を有効成分にした、アレルギー性鼻炎の花粉症に有効な飲み薬です。第二世代抗ヒスタミン剤に分類され、従来の抗ヒスタミン剤よりも眠気といった副作用を抑え、アレルギーによる鼻水やくしゃみを改善してくれます。基本的に幅広い症状に対応しているため、じんましんや皮膚のかゆみ、添付文書には書かれていませんが、気管支炎、喘息、アレルギーによる目の痒みにも若干の効果が見られます。元々は医師の処方薬として使用されており、要指導薬に分類されていましたが第一類医薬品に区分変更されたことから、OTC医薬品としてアレグラFXと名称変更し、薬剤師のいるドラッグストアなどでも購入できるようになっています。また、ネット通販でも薬剤師が販売するのであれば問題ないことから、大手ネットショップでの購入も可能でしたが、改正薬事法施行で現在はネット通販での購入ができなくなっています。安く購入できるのがネット通販の強みでしたが、購入ができなくなると不便で仕方が無いという人も多く、どうにかして購入できないかと方法を探している人もいるでしょう。医薬品は基本的に国内で購入できるものではないのですが、海外だと事情は異なり、購入することができるようになっています。そこで、海外から個人輸入という形で購入する分には、薬事法にも抵触していないため、アレグラの購入は可能となっています。最近ではアレグラのジェネリック医薬品も登場して、海外からの購入なら非常に安い価格で買えるので、少しでも安く購入したいという人は個人輸入を検討してみても良いでしょう。しかし、アレグラはとてもメジャーな医薬品で、近くの薬局でも手軽に買えるので、安全性を考慮すれば店舗から購入した方が良いこともあります。